ダイビングに必要なCカードとは

ダイビングに必要なCカードとは

ダイビングを始めたいと思い立ち情報を収集している人もいることでしょう。ダイビングは専門用語が多くて良く分からない点も多くあります。スキューバダイビングを始めるにあたっては何か必要なライセンスはあるのでしょうか?

 

ダイビングの歴史とは
潜水の歴史は古く、世界的には紀元前から、日本でも魏志倭人伝に海女の様子が描かれています。水中で呼吸の出来る器具を使ったスキューバダイビングの歴史は1943年からです。フランスの海洋学者が潜水用の呼吸装置を発明したことからダイビングが始まりました。今のようなレジャーのダイビングへと発展したのは第二次世界大戦後です。

 

その後バブル期にはダイビングは爆発的な人気を博しました。一大ブームを巻き起こしたころにダイビングを始めた人も多いのです。現在は技術の進歩に伴って、より安全で使いやすい機材が登場して、若い世代だけでなくシニア世代にもダイビングが浸透し、人気となっています。

 

ダイビングにライセンスは?
ダイビングをするためにライセンスは必要なのでしょうか?日本ではダイビングには自動車の運転免許や小型船舶操縦士免許のような公的機関から発行されるライセンスはありません。機材を自分で買って、一人で潜ることに関して何ら違法なことではないのです。

 

しかし何の知識も持たずにダイビングをすることは危険が伴います。いきなり海に潜ってダイビングをすることは自殺行為に等しいことです。ダイビングは水中の世界を気軽に楽しむことができるスポーツですがルールやマナーを守り機材を正しく使用して安全に配慮しながら自己責任において行動することが大切です。そのために指針となるのがライセンスです。ダイビングではライセンスのことをCカードと呼びます。ダイビングショップで機材を購入するとき、ダイビングの申し込みでもライセンスであるCカードの提示が求められます。